アクセルファクターとは?手数料や審査時間などサービス詳細や利用時の流れ、口コミを解説!

ファクタリングとは売掛金をファクタリング業者に売却して素早く現金化する資金調達の手法です。

さて、アクセルファクターというファクタリング会社/サービスをご存知でしょうか。

 

アクセルファクターは年間相談件数3,000件の実績を持っているファクタリング会社/サービスですが、詳しいサービス内容やメリットデメリットをよく調べず「ファクタリングで検索すると頻繁に目にするサービス名」ということで活用しているという方もいるのではないでしょうか。

そんな今回はアクセルファクターについて詳しく解説します。

 

具体的にはアクセルファクターが行なっているファクタリングサービスの手数料や必要書類などサービス詳細や会社情報の紹介をはじめとし、アクセルファクターのメリットデメリットについて詳しく見ていきます。

さらに、アクセルファクターを活用する方に向けた利用の流れもわかりやすく解説しています。

 

本記事をご一読いただき、アクセルファクターというファクタリング会社/サービスの詳細やメリットデメリット、活用する際の流れなどアクセルファクターについて情報を正しく理解しておきましょう。

 

特に記事をご一読していただきたい方

アクセルファクターのサービス詳細を知りたい
アクセルファクターのメリットデメリットを知りたい
アクセルファクター活用の際の流れを知りたい
ファクタリング会社/サービス自体を理解したい
金融市場における新しいサービスや概念を知りたい方

 

 

 

アクセルファクターとは?

アクセルファクターとは関連画像

この章ではアクセルファクターについて解説していきます。

アクセルファクターは、年間相談件数3,000件の実績を持っているファクタリング会社/サービスです。

 

ファクタリングとは、冒頭でもお伝えいたしましたが、売掛債権を買い取るサービスのことです。

ファクタリングを利用すると売掛金の回収期限前に現金にできるため、即日資金や現金が必要な場合の資金調達手段として利用されています。

ファクタリングは売掛債権の買い取りができ、取引先の事情で売掛金を獲得できなかった場合も現金化可能です。

 

アクセルファクターを運営している株式会社アクセルファクターはみずほ銀行、三井住友銀行と大手銀行と取引を行なっている実績だけでなく、審査突破率93%の実績があるファクタリング会社です。

 

アクセルファクター会社情報

アクセルファクターの会社情報を見ていきましょう。

 

会社名 株式会社アクセルファクター
代表取締役 本成 善大
資本金 1億3,456万円(ネクステージグループ全体)
所在地 〒169-0075
東京都新宿区高田馬場1丁目30-14コルティーレ高田馬場1F(東京本社)
営業時間 9:30~19:00(定休日:土日、祝日)
事業内容 ファクタリング業務

 

 

アクセルファクターのサービス詳細

アクセルファクターとは関連画像

この章ではアクセルファクターのサービス詳細を解説します。

アクセルファクターの活用を検討している方やファクタリング会社/サービス自体を検討している方はしっかりと目を通しておくことをおすすめします。

 

2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
ご利用対象者 フリーランスを含む個人・法人
手数料 2〜20%
買取金額 下限なし~1億円
入金スピード 即日(最短3時間)
オンライン完結
※対面・出張・郵送も可能
債権譲渡登記 ×

 

アクセルファクター手数料

アクセルファクターの手数料について解説します。

アクセルファクターの手数料を見てみると「手数料:2〜20%」と記載ありますが、もう少し具体的に見ていきましょう。

 

売掛債権額 ファクタリング手数料
~100万円 10%~
101~500万円 5%~
501~1000万円 2%~
1001万円以上 別途ご相談ください。

 

上記は目安であり、売掛債権の状況やエビデンス資料によって異なりますので参考程度に覚えておきましょう。

 

アクセルファクター必要書類

アクセルファクターの手数料について見ていきましょう。

 

債権が発生している事が分かる書類(請求書・見積書・契約書等)
預金通帳
決算報告書
代表者様の身分証明書(運転免許証やパスポートなど)
代表者様及び会社の実印
印鑑証明書
※個人印鑑証明書は住所地を管轄する市区町村役場、法人印鑑証明書は本店所在地を管轄する法務局で取得可能

 

即日現金化が可能なファクタリング会社/サービスにおいて、事前に必要書類が揃っていることが前提となります。

当日必要書類が全て揃えられないことも考慮すると、即日現金化を希望している方は事前に書類を揃えておくことをおすすめします。

 

アクセルファクター審査時間(入金スピード)

アクセルファクターの審査時間(入金スピード)について見ていきましょう。

アクセルファクターの審査時間(入金スピード)は「即日入金」を原則としています。

 

また、確認書類が整っていれば、最短で1時間程度で審査は完了します。

3社間取引や地方からのご利用の場合は即日入金出来ない場合もあり得ますが、全体取引の半数以上は即日入金を達成しています。

 

アクセルファクターは来店不要であり、仮に必要資料が足りない・用意出来ない場合は即時代替書類を提案し対応しています。

遠方が理由で時間を要する状況の場合は、メール送信での必要書類添付などで対応しています。

 

なお、契約してから15分~1時間以内で着金されます。

 

関連記事

「何としても今日中、最低でも数日中には現金を手に入れたい」「融資の審査を待っていられない」など急遽現金が必要になったことやそれに近い経験をしたことがありませんか。   実はその悩み「ファクタリング」という資金調達の手法[…]

即日利用のファクタリング会社・サービスまとめ画像

 

 

アクセルファクターのメリット

アクセルファクターとは関連画像

この章ではアクセルファクターのメリットについて解説していきます。

アクセルファクターの活用を検討している方は自分の目的に適しているファクタリング会社/サービスであるのかを知ることが大切です。

 

そのためメリットや後述するデメリットを参考にし、ファクタリング会社/サービスを決めましょう。

 

メリット①:フリーランスや個人事業主も利用可能

アクセルファクターのメリットとしてフリーランスや個人事業主も利用可能であることが挙げられます。

そのため、フリーランスや個人事業主の方でファクタリング活用を検討している方はアクセルファクターの活用も検討してみてはいかがでしょうか。

 

なお、ファクタリング会社/サービスには、フリーランスや個人事業主は利用不可で法人のみ利用できるところも実は多いです。

ファクタリング会社/サービスが法人のみに絞っている要因の1つは、フリーランスや個人事業主では売掛金額が少なく、コスト的観点からファクタリング会社/サービスの利益が生まれにくいためでしょう。

 

メリット②:2社間/3社間ファクタリングの両方に対応

アクセルファクターのメリットとして2社間/3社間ファクタリングの両方に対応であることが挙げられます。

ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2つの種類があります。

 

2社間ファクタリングは、売掛先の企業へ知らせずに取引が完了する方法です。

2社間ファクタリングは資金調達や現金化するまでのスピードが早いですが、2社間ファクタリングではファクタリング会社/サービスのリスクが高いため、比較的手数料が高めに設定されています。

 

3社間ファクタリングとは利用者、売掛先企業様、ファクタリング会社での契約になります。

3社間ファクタリングの場合、売掛先企業様が入っているためファクタリング契約を承諾してもらう必要があります。

3社間ファクタリングは、2社間ファクタリングよりも低手数料ですが、売掛金を現金化できるまでのスピードは遅くなりやすいです。

 

アクセルファクターは2社間/3社間のファクタリングに対応しているため、自分の状況に合わせ活用することができます。

 

メリット③:審査通過率が高く、最短即日で資金調達可能

アクセルファクターのメリットとして審査通過率が高く、最短即日で資金調達可能であることが挙げられます。

アクセルファクターでは審査通過率が93%であり、高確率で売掛金を現金化することができます。

 

また、先述しましたがアクセルファクターは取引の半数以上が即日入金されています。

そのため、アクセルファクターは即日現金を手にしたい方などにおすすめのファクタリング会社/サービスです。

 

メリット④:半年先の売掛債権も資金調達可能

アクセルファクターのメリットとして半年先の売掛債権も資金調達可能であることが挙げられます。

 

支払期間が長い売掛債権において、ファクタリング会社/サービスの中には、買取できないケースもあります。

その理由として、支払期間が長いほど売掛債権は未回収になる可能性が高くファクタリング会社/サービスが取るリスクが大きいと判断されているためです。

 

そのため、特に支払期間が長い売掛債権を取り扱っている方はアクセルファクターの活用をおすすめします。

 

関連記事

フリーランスとして事業を行なっていると「参画中の案件の入金が数ヶ月先だけど、急に現金が必要になった」「税金の支払いを忘れており、まとまったお金が必要になった」などの状況を経験した/それに近い経験がある方はいるのではないでしょうか。 そ[…]

フリーランス向けファクタリングサービス関連画像

 

 

アクセルファクターのデメリット

アクセルファクターとは関連画像

この章ではアクセルファクターのデメリットについて解説します。

既にメリットについて解説していますが、アクセルファクターを活用するのであればメリットだけでなくデメリットも考慮することが大切です。

 

自分がファクタリング会社/サービスを活用する目的としっかり照らし合わせてみましょう。

 

デメリット①:必要書類が多数

アクセルファクターのデメリットとして必要書類が多数であることが挙げられます。

先述しましたが、アクセルファクターに申し込むためには多くの書類が必要になり、準備するにも労力がかかります。

 

ただし、多くの書類を提出するため信用度が増す可能性も高く、審査を行いやすいです。

そのため低い手数料で資金調達を行いやすいでしょう。

 

デメリット②:高額債権は利用不可

アクセルファクターのデメリットとして高額債権は利用不可であることが挙げられます。

アクセルファクターは買取可能上限額を1億円と定めており、1億円を超える額の売掛債権は扱ってもらえません。

 

アクセルファクターは買取可能下限額がないため少額の売掛債権を中心に扱っていますから、あえて買取上限額を設けているのでしょう。

​​なお、1億円を越す高額債権をファクタリングしたい場合、別ファクタリングサービスのご利用を検討しましょう。

 

 

アクセルファクター利用者の口コミ/評判は?

アクセルファクターとは関連画像

この章ではアクセルファクター利用者の実際のクチコミや評判を見ていきましょう。

 

他社からの乗り換えでしたが、問合せから資金調達までに1日もかからず、月末でしたが、とにかく最速で対応して頂けました。
今回とても親身になって頂き、アクセルさんの提案なども参考させて頂き、資金繰りは調整できました。
最初からアクセルファクターさんにお願いしておくべきでした。
ファクタリングからは抜け出せましたが、また困った際は相談させて下さい。
引用:Google

 

今回、他ファクタリング会社から、アクセルファクターさんに変えたのですが、ショートする前からの流れから見て頂き最善策を一緒に考えてくださり今後の経営についても考え直すことができました。
資金調達も納期までに間に合い大変感謝しております。
引用:Google

 

アクセルファクターに、見積もりしてもらった。
実際の審査は、厳しそう。当日対応は、ケースバイケースみたい。
引用:2020年2月26日 @nikotama0001 💫SNS@配信サービス(相互フォロー)

 

上記口コミや評判のように資金調達の速さや、親身な対応を評価する意見が多く見受けられます。

しかし、上記口コミや評判は個人の意見であるため、感じ方は人それぞれ異なります。

 

良い口コミや評判だったからといって全て信じるのではなく、参考として見ましょう。

そして、気になったら実際に自分で見積もりを依頼してみたり、利用してみたり行動してみましょう。

 

 

アクセルファクターを利用する際の5つの流れ

アクセルファクターとは関連画像

この章ではアクセルファクターを利用する際の5つの流れを解説します。

アクセルファクターは以下の流れで進んでいきます。

①:フォームより申し込み
②:必要書類提出
③:審査
④:契約と入金
⑤:売掛金回収

 

では詳細を見ていきましょう。

 

①フォームより申し込み

アクセルファクターを利用する時には、まず申し込みを行います。

公式ホームページの「WEB申込」より必要項目を入力して送信しましょう。

電話での申し込みも可能です。

 

なお、3社間ファクタリングの場合、フォーム申し込みの前に以下の工程が加わります。

売掛先への3社間ファクタリングの打診と内諾

 

3社間ファクタリングを活用するする方は、まずファクタリングサービスへ相談してみましょう。

 

②必要書類提出

先述した必要書類を提出します。

書類のご提出はメール、FAX、郵送等でも可能です。

 

申し込みが完了したら、アクセルファクターより必要書類に関しての案内が届きます。

 

③審査

書類提出後、30分~1時間を目安に審査結果の案内か届きます。

 

④契約と入金

ご契約書の説明と書類にご捺印いただきます。

着金に関して、ご契約後15分~1時間ほどで完了します。

 

契約時には、代表者様の印鑑証明と住民票が必要です。

法人の方は上記に加え、登記簿謄本と法人の印鑑証明が必要です。

 

なお、ご契約前の面談に関して必須ではなく、利用しているほとんどの方はご契約前の面談をせずに利用しています。

 

⑤売掛金回収

ファクタリングの取引方法によって契約後の対応が異なります。

 

2社間ファクタリングの場合
売掛先企業から入金された売掛金を、アクセルファクターの口座に一括入金
3社間ファクタリングの場合
売掛先企業から直接アクセルファクターに入金されるので、何もしなくて問題無し

 

 

関連記事

ファクタリングとは売掛金をファクタリング業者に売却して素早く現金化する資金調達の手法です。 例えば大手企業などが資金調達をする際、融資という方法が頭に浮かぶと思いますが、フリーランス・個人事業主や中小企業が資金調達をする場合、融資でそ[…]

ファクタリングは違法ではない画像

 

 

まとめ

今回はアクセルファクターついて詳しく解説しました。
具体的にはアクセルファクターが行なっているファクタリングサービスの手数料や必要書類などサービス詳細や会社情報の紹介をはじめとし、アクセルファクターのメリットデメリットについて詳しく見ていきました。
さらに、アクセルファクターを活用する方に向けた利用の流れもわかりやすく解説しています。

アクセルファクターを活用すると、原則「即日入金」かつ2社間ファクタリングや3社間ファクタリングも可能であるため、幅広いニーズに対応出来ます。

キャッシュフローの悪化により、すぐに現金を必要とする場合も有り得るでしょう。
本記事をご一読いただき、自分に見合ったファクタリングサービスを見つけましょう。

また、ファクタリングサービスは各企業より異なるため、詳細を確認し目的ごとに使い分けることをおすすめします。

ITエンジニアの方の中でも副業に興味/関心がある方は「doocyJob(ドーシージョブ)」の活用がおすすめです。

doocyJob(ドーシージョブ)は有名企業をはじめ、ベンチャー、スタートアップ企業など、750社以上の副業・フリーランス案件・求人情報を6,000件以上掲載しています。

 

掲載している副業・フリーランス案件・求人はすべて企業との直接契約であるため、中間マージンや⼿数料は発生せず、高単価での参画が実現出来ます。

doocyJobで副業・フリーランス案件・求人をみてみたい方はこちら

 

ITエンジニアの方の中でもフリーランスの独立に興味/関心がある方は「フリーランススタート」の活用がおすすめです。

フリーランススタートは、50以上のフリーランスエージェントが保有しているフリーランス案件・求人を横断して閲覧・応募できるだけでなく、各フリーランスエージェントの特徴や評判/口コミを分析することが出来ます。

 

フリーランススタートでフリーランスエージェントを分析してみる

 

フリーランススタートでフリーランス案件・求人をみてみたい方はこちら

>Jobgine(ジョブジン)

Jobgine(ジョブジン)

Jobgine(ジョブジン)はフリーランス・副業情報メディアです。
フリーランス・副業エンジニアやデザイナー向けの役立つ情報が充実しています。
フリーランス・副業の市場動向やノウハウなど様々な情報コンテンツを発信しています。